Thai School Toilet

In Thailand, school toilet building is designed and built apparently on the basis of a typology; the row of stalls with washing basins and urinal attached around. Because of its functionality, easy and cheap construction method, this typology has been repeated for long time until today.

The question comes up when considering the potential social impact of this project which is funded by a charitable foundation in Thailand and going to be built in 27 schools in different rural areas. Could it be more than a mere functional toilet? How could it be redefined as a place where students can find it as their own space?

What if dissolving this solid typology?

The design concept is breaking down the typological compound into its constituent elements. These elements are then carefully relocated to create in-between space. Together with the bench which is the only one additional element, these small space enables students to stay for different activities. Other than this only operation, everything else stays same as the typological toilet; structure, material, dimension, and the cost.

Wall is going to be finished with students mural. 27 different paintings will be on the wall in 2017.

タイの小中学校に建設されるトイレの計画。保険会社が出資するチャリティープロジェクトとして、地方27校の学校敷地内での建設が予定されている。計画に当たっては、一棟につき200,000タイバーツ(約60万円)の低予算、異なる施工業者が共有できる簡便な施工方法が条件とされた。

 

横並びの個室の周りに手洗い場と小便器が付加されてできたかたまり─これがタイの学校トイレというタイポロジーだ。この、これ以上なく機能的かつ簡便、安価な形式は、それゆえに今日まで繰り返し利用されてきた。

「チャリティー」という、社会性を持ったプロジェクトの性格を考えるときに浮かんでくるのは、このトイレという単機能を効率的に満足するタイポロジーへの疑問である。

 

-「トイレ」に限らない、多様な行為を誘発できないだろうか?

-それを通じてこの小さな小屋を、生徒の居場所として再定義できるだろうか?

-このソリッドなタイポロジーを溶解したとしたら?

 

計画案は、かたまりをばらばらなエレメントに分解して、再配置したものとなっている。これが唯一の操作で、その他構造、材料、寸法は既存のトイレに倣う。追加エレメントとしてのベンチが再配置によって生まれたすきまに挟み込まれる。このアルコーブのような小さなスケールの空間は、友人同士で話したり、本を読んだり、考えごとをしたりするのにちょうどよい。単なるトイレが、生徒のための小さな居場所になっていく。

 

壁面は塗装仕上げで、各学校の生徒が行い、何を描くのかも自由にする。学習の中で壁画を描くことが一般的な同国ゆえのアイディアだが、設計者としては27の異なる壁画の完成を楽しみにしたい。

LOCATION

CLIENT

YEAR

STATUS

PROGRAM

COLLABORATORS

Thailand

Insurance company in Thailand

2016 – Ongoing

Design Development

School Toilet

PROJECT MANAGER: Nuttorn Vongsurawat

計画地

クライアント

計画時期

ステータス

プログラム

​計画協力者

​タイ

​保険会社

2016年 — 進行中

基本設計

学校トイレ

​プロジェクトマネージャー: Nuttorn Vongsurawat

© 2016 TAKEHIKO SUZUKI ARCHITECTS