Nepal Shelter

This is a prototype for a rapid erected shelter for victims of earthquake in Nepal, 2015. The project is designed by an architectural relief organization called Architecture for the Mass, initiated by Charles Lai + Takehiko Suzuki.

One of the obstacles faced by disaster relief agencies in Nepal is that transportation across the mountainous country is of tremendous difficulties. Many of the road surfaces were not paved properly and were too narrow for trucks with heavy loads. As a result, even though emergency relief materials such as tents and canvas could be flew into Nepal by cargo planes, these materials can hardly proliferate into the remote villages. As a result, many families who lost their home have built temporary shelters by themselves. But apparently its structure is fragile and the space is uncomfortable without proper floors and walls. Mud bricks they use are not earthquake resistant, and dangerous because of its weight. When the monsoon season comes, the heavy rain water can easily come inside.

 

In response to that, we designed a system of bamboo frame structure that could allow shelters to be more comfortable and erected efficiently with materials that are available locally in the villages of Nepal. Bamboo is a cheap and abundant material in the area, also quite easy to deliver, cut, and assemble. Together with the simple connection details, unskilled workers can assemble the shelter within 2-3 days. we prepared a construction manual that illustrated the assembly methods of the bamboo structural frames. The manual could be transferred through the Internet into regions without construction professionals. The local could simply follow the manual and assemble the bamboo frames into temporary buildings of various functions, such as shelter, nursery, clinic, community center, etc. without the help from construction professionals.

 

To prepare for the rain during the monsoon season, the sectional profile of the frames consists of a raised platform and a pitched roof design to keep the interior dry. The diagonal elements provide rigidity to the frame and improve the quake resistant ability of the structure. Depending on the availability of building materials, metal sheets, canvas, or bamboo strips could be used to construct the envelope of the structure. The prototype was built in the village of Duwakot in collaboration with One Village Focus Fund in Hong Kong. A team of 10 volunteers and 4 paid workers constructed the prototype in 2 days. Timber and metal sheets from the damaged houses were reused to construct the envelope of the shelter. The cost of the 3m x 6m shelter is around US$400 -$ 500. The bamboo structural frame could be appropriated into different sizes depending on the function of the structure.

 

We anticipate the prototype to provide an alternative solution for temporary shelters in Nepal. The local can assimilate the design of the prototype and produce evolved designs based on its principle. The aim is to equip general households with the tools and methods to erect their own temporary structures. Potentially, the design can empower the local community to establish a self-help network among themselves and speedup the recovery from the disaster.

​ネパール地震の被災地にて、被災者のためのシェルターを建設するプロジェクトである。

設計は、建築家チャールズ・ライと鈴木岳彦、およびふたりによって設立されたNPO 'Architecture for the Mass'によるものである。

地震が発生した2015年4月25日以降、ネパールでは多くの人的・物的援助が行われてきた。しかしヒマラヤ山脈の麓に位置し、世界最貧国のひとつでもあるこの国では未だ交通網が十分に整備されていないエリアが多く、テントなどの支援物資が諸外国から届いたとしても、それらはなかなか遠隔地の集落まで行き渡らない。結果としてそのような集落では、家を失った人々が自力で仮設住宅を作って生活している。言うまでもなくそれらの仮設住宅の構造は脆弱で、床板も張られていない。雨水は室内に流れ込み、何よりも余震がくれば日干し煉瓦造の壁は簡単に崩れ、さらなる危険を生む。

 

このような状況をふまえて、私たちは現地で手に入る材料を使った、建設が容易でより快適な住環境のシェルターを提案し、そのプロトタイプを現地で建設した。敷地のある集落は計20戸の仮設住宅を必要としていて、私たちの建設したプロトタイプをもとにして、残りの19戸を住民自身で作り上げるという計画である。
シェルターは、竹のフレームを構造としたものである。多くの集落で安く簡単に入手でき、輸送/加工/組立等の工程も容易な竹は、素人にも扱いやすい。竹同士のジョイントはプラスチック製の結束バンドと針金によるもので、部材の組み方なども含めたこれらのアイデアは、私たちが拠点としていた香港で普段から目にしていた建設現場の竹製の足場を参考にした。雨期に対応するため床を持ち上げ、切妻屋根をのせている。また外皮の外側にある正方形のフレームが構造を補強している。屋根材と壁材はそれぞれその集落で入手可能だったトタンとアルミニウムシートを用いている。

 

プロトタイプ建設にあたり、私たちはシェルターの組立説明書を作成した。イラストによる説明書は彼らが自力でシェルターを建設するのを容易にし、オンラインで他の集落とも共有できる。またこのシェルターに用いた構造は原理的にスパンを増設可能であり、シェルターだけでなくクリニックやコミュニティセンターなどとしての利用も考えられる。
今後建設される残り19戸は、プロトタイプと全く同じものが建設されるとは限らない。むしろよりコンテクストに即した改変が彼ら自身の手によってなされていくだろう。プロジェクトの一番の目的は、プロトタイプを通じて彼らにツールを提供し、彼ら自身による再建のネットワークを作り出すことにある。

 

このプロトタイプはカトマンズから車で1時間弱の集落ドゥワコットに建設され、香港を拠点とする支援団体One Village Focus Fundの出資のもとに実現した。建設費用は現地作業員の人件費、材料費を含めてUS$500、4人の大工と10人の現地ボランティアによって二日間で建設された。

LOCATION

YEAR

STATUS

PROGRAM

COLLABORATORS

Duwakot, Nepal

2015

Built

Shelter

FUNDING: One Village Focus Fund

SPONSOR: Expedia Hong Kong

計画地

計画時期

ステータス

プログラム

​計画協力者

​ドゥワコット、ネパール

2015

竣工

シェルター

​資金提供: One Village Focus Fund

スポンサー: エクスペディア香港

© 2016 TAKEHIKO SUZUKI ARCHITECTS