MONEY EXPO Bangkok '19

Thailand's Money Expo is an annual event where major financial institutions and corporations exhibit what they offer to the public. 


In this year's Bangkok Insurance booth design, we created the gentle space made of fabric in the venue which is filled with booths made of hard materials such as plastic, glass, steel, or laminated board.

Like multiplying Japanese shop curtain ‘Noren,’ pieces of fabric are hung on the ceiling structure to cover the whole area of the booth. Given the different length, those fabric work as gentle screen dividing each space.

 

Pieces of fabric keep trembling in the wind created by air conditioning in the venue. The move is slightly different piece by piece, and it looks like a flock of some animal.

By gently trembling fabric screen, the booth space became welcoming for guests and created the space for them to take a break and learn about the products on offer.

タイのバンコクで毎年行われているビジネス関係者向け展示会「マネーエキスポ バンコク」における、企業ブースの計画である。

化粧合板やプラスチック、鉄骨やガラスといった硬くて光沢のある材料で作られたブースで満たされた会場に、布による柔らかな空間を作り出すことを試みた。
ちょうどのれんを連続させるかのように、天井全体に布を吊り下げる。布には異なる長さが与えられ、

それぞれの場所を柔らかく仕切るスクリーンとして機能する。


布は会場内を流れる空調の風に当たりゆらゆらと揺れ動く。その動き方は一枚一枚微妙に異なり、

その様子は何かの生き物の群れのようにも見えてくる。

動物のように柔らかく動くスクリーンによって、ゲストを優しく迎え入れる空間が生まれた。

LOCATION

CLIENT

YEAR

STATUS

PROGRAM

COLLABORATORS

計画地

クライアント

計画時期

ステータス

プログラム

​計画協力者

Bangkok, Thailand

Bangkok Insurance

2019

Built

Company booth

Project Manager:

Nuttorn Vongsurawat

​バンコク、タイ

​バンコクインシュランス

2019

竣工

企業ブース

​プロジェクトマネージャー: 

Nuttorn Vongsurawat

© 2016 TAKEHIKO SUZUKI ARCHITECTS