MONEY EXPO Bangkok '17

Thailand's Money Expo is an annual event where major financial institutions and corporations exhibit what they offer to the public. As the nature of this kind of business expo where companies in the same business exhibit similar products, exhibitors are competing to stand out from the crowd with their booth design.

 

However, their effort ends in the overdose of acrobatic structure, extreme form, excessive light and sound, which creates the monotonous landscape of self-assertion collectively.

 

This year's Bangkok Insurance booth design goal is no different, but with an opposite method in mind. The overwhelming structure is disassembled into furniture-like small objects with simple composition of boxes. Glitzy surfaces are replaced with the mixture of wood, marble, steel, and fabric texture. Furniture such as a sofa and display shelves are introduced for guests to drop by the booth, take a break and learn about the products on offer.

This project is an experiment in alternating identity, in saturation with icon, ostentation, and extravagance.

タイのバンコクで毎年行われているビジネス関係者向け展示会「マネーエキスポ バンコク」における、

企業ブースの計画である。
 

同業種の企業が多く参加し、類似の製品/サービスを展示するというイベントの性格上、各企業は他社よりも目立つためにそれぞれのブースデザインに力を注ぐ。
しかしそのような努力は、ブースを奇抜な構造や形、過剰な光や音の氾濫の中に沈め、結果として生まれる会場の風景は、自己主張の単調な集合体と化している。

 

私たちの計画したブースは、同じ目的を反対の方法で実現することをコンセプトとしている。
大架構は家具のように小さなスケールのエレメントに分解され、それぞれはシンプルなボックスの組み合わせでできている。きらびやかな光沢面の代わりに、木、マーブル、スチール、ファブリックの異なる質感をミックスする。つい近寄ってみたくなるようなヒューマンスケールの什器を設え、思い思いに時間を過ごしてもらう。

 

自己主張、アイコン、浪費の飽和状態の中で、それでもなお埋没しないための価値転換を試みたプロジェクトである。

LOCATION

CLIENT

YEAR

STATUS

PROGRAM

COLLABORATORS

Bangkok, Thailand

Bangkok Insurance

2017

Built

Company booth

Project Manager / Graphic Designer:

Nuttorn Vongsurawat

Graphic Designer: Emily Chan

計画地

クライアント

計画時期

ステータス

プログラム

​計画協力者

​バンコク、タイ

​バンコクインシュランス

2017

竣工

企業ブース

​プロジェクトマネージャー / グラフィックデザイナー: 

Nuttorn Vongsurawat

グラフィックデザイナー: Emily Chan

© 2016 TAKEHIKO SUZUKI ARCHITECTS